まほうびん構造の大容量タイプステンレスランチジャー タイガー ステンレスランチジャー LWU-A172KM マットブラック 大容量 弁当箱 保温 卸売り 2464円 まほうびん構造の大容量タイプステンレスランチジャー。 タイガー ステンレスランチジャー LWU-A172KM マットブラック 保温 弁当箱 大容量 キッチン用品・食器・調理器具 弁当箱・水筒 保温ランチジャー タイガー,キッチン用品・食器・調理器具 , 弁当箱・水筒 , 保温ランチジャー,弁当箱,保温,2464円,マットブラック,LWU-A172KM,/chronophotograph2018409.html,structuraldamage.co.uk,まほうびん構造の大容量タイプステンレスランチジャー。,ステンレスランチジャー,大容量 タイガー,キッチン用品・食器・調理器具 , 弁当箱・水筒 , 保温ランチジャー,弁当箱,保温,2464円,マットブラック,LWU-A172KM,/chronophotograph2018409.html,structuraldamage.co.uk,まほうびん構造の大容量タイプステンレスランチジャー。,ステンレスランチジャー,大容量 2464円 まほうびん構造の大容量タイプステンレスランチジャー。 タイガー ステンレスランチジャー LWU-A172KM マットブラック 保温 弁当箱 大容量 キッチン用品・食器・調理器具 弁当箱・水筒 保温ランチジャー まほうびん構造の大容量タイプステンレスランチジャー タイガー ステンレスランチジャー LWU-A172KM マットブラック 大容量 弁当箱 保温 卸売り

まほうびん構造の大容量タイプステンレスランチジャー タイガー ステンレスランチジャー LWU-A172KM マットブラック [ギフト/プレゼント/ご褒美] 大容量 弁当箱 保温 卸売り

まほうびん構造の大容量タイプステンレスランチジャー。 タイガー ステンレスランチジャー LWU-A172KM マットブラック 保温 弁当箱 大容量

2464円

まほうびん構造の大容量タイプステンレスランチジャー。 タイガー ステンレスランチジャー LWU-A172KM マットブラック 保温 弁当箱 大容量



※メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています。

サイズバリエーション

ごはん3杯容器
LWU-A172

ごはん4杯容器
LWU-A202

商品説明

タイガー ステンレスランチジャー おすすめポイント
1)まほうびん構造で、いつでもあったかお弁当を実現
真空二重構造の保温容器で、温かいお弁当をそのまま長時間キープ。温かい味噌汁やスープも楽しめます。

2)汚れやニオイがつきにくい「スーパークリーン」加工
カップの内面には、なめらかで光沢のあるスーパークリーン加工。汚れや匂いもつきにくい。

3)便利な付属品で、使いやすさアップ
手の大きな男性にも使いやすい約20cmの「専用はし」、持ち運びらくらくの太めのショルダーベルトで持ち運びもラクラク。

仕様

機種名LWU-A172KM
色柄(KM)マットブラック
本体サイズ(約)(幅×奥行き×高さ)15.0×14.7×21.4cm(はし箱ポーチとベルトは含まない数値です)
本体質量(約)1.0kg
実容量【飯器】0.61L(お茶碗約3杯分)
【おかず容器】0.34L
【スープパック】0.27L
保温効力(※)6時間:69度以上

※ 保温効力とは、室温20度±2度において保温容器に熱湯を満たし、製品付属の飯器ふたをして縦置きにした状態で湯温が95度±1度の時から6時間放置した場合におけるその湯の温度です。

まほうびん構造の大容量タイプステンレスランチジャー。 タイガー ステンレスランチジャー LWU-A172KM マットブラック 保温 弁当箱 大容量

カラダノナカノガイカイチョウノフシギ
  • 電子あり
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

進化をきわめた「おどろきの臓器」。実は「体外」だった! 年間1トンもの食べ物を消化・吸収し、たえず病原菌にもさらされる「内なる外」=腸。眼や口、呼吸器にまで目を光らせる最強の免疫器官であり、独自の遺伝子をもつ「腸内細菌」との共進化の場でもある。1億個ものニューロンを擁し、「第二の脳」とも呼ばれる驚異の「腸」能力とは? (ブルーバックス・2013年4月刊)


最大の免疫器官にして第二のゲノム格納庫!

進化をきわめた「おどろきの臓器」は、

実は「体外」だった!

年間1トンもの食べ物を消化・吸収し、
たえず病原菌にもさらされる「内なる外」=腸。

眼や口、呼吸器にまで目を光らせる最強の免疫器官であり、
独自の遺伝子をもつ「腸内細菌」との共進化の場でもある。

1億個ものニューロンを擁し、「第二の脳」とも呼ばれる驚異の「腸」能力とは?

目次

  • 第1章 腸は進化しつづけてきた――からだのなかの「外界」はどうできたか
  • 第2章 いのちをつくる腸の働き――驚異の消化・吸収力
  • 第3章 腸はいつも考えている――1億個のニューロンに支えられた「第二の脳」
  • 第4章 腸はからだを守っている――人体最大の免疫器官
  • 第5章 共生者「腸内細菌」の素顔――「第二のゲノム」のすごい働き
  • 第6章 腸の働きが低下したら……?
  • 第7章 腸内細菌で健康になる

製品情報

製品名 からだの中の外界 腸のふしぎ
著者名 著:上野川 修一
発売日 2013年04月19日
価格 定価:1,012円(本体920円)
ISBN 978-4-06-257812-7
通巻番号 1812
判型 新書
ページ数 216ページ
シリーズ ブルーバックス

書店在庫を見る